Loading...
  • 公長斎小菅 つる首花入れ

甲州印伝とは

印伝は、天然の鹿革を特殊な方法で鞣したものを、煙でいぶしたり染色したりして装飾加工した革工芸品です。
鹿革の加工技法は西暦400年代に日本に伝来したといわれます。西暦900年代に入ると武人が甲冑に使用するようになり、文様も小桜や菖蒲、菱など種類が多くなりました。のちに日本国内では多くの戦が起こり、革工は大いに栄えることになります。
江戸時代初期、幕府に上納された渡来の品々の華麗な彩色に刺激され、これを国内で擬して造ったものを「いんであ革」と呼びました。これは「印度伝来」を略した「いんでん」の語源になったとされています。

印傳の山本 束入/カードケース/平がま口

鹿革を鮮やかに染め、伝統的小紋柄やオリジナル柄の漆付けを施した甲州印伝。
丈夫で軽くしなやかな生地で普段使いしやすいのが特徴。
さりげなく和の雰囲気を取り入れられる色柄が幅広い世代に愛されています。

【デザイン】
麻の葉
成長も早くまっすぐに伸びる麻にあやかった柄。邪気を払う等、魔除けの意味もあります。

武田菱
武田信玄が愛用した、甲冑がすっぽり入る鹿革の袋が「信玄袋」と呼ばれ、それが後に甲州印伝の礎となりました。

9,900/3,520/2,530yen(税込)
サイズ:95×190×15mm/110×75mm/70×80×10mm
素材:鹿革・漆
日本製(山梨県甲府市)

tokineri

〒812-0027 福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール 1F
092-409-5506
info@tokineri.com

店舗での募金活動について

ACCESS

福岡空港より市営地下鉄利用 約8分
JR博多駅より市営地下鉄利用 約3分
天神より市営地下鉄利用 約1分
100円バス(博多駅~リバレイン~天神~キャナルシティ~博多駅循環)
※エリア内はどのバスでも100円
天神より徒歩10分/キャナルシティより徒歩10分

Googleマップで見る

MAIL MAGAGINE

tokineriでは、様々なイベントを計画しております。イベントなどの情報をメールにてご案内いたしますので、ご希望の方は下記のご登録フォームよりお申し込みください。

Weeksショップメール購読ご登録はこちら